群青

群青

地下鉄天神橋六丁目から徒歩5分に「レンガ通り」と呼ばれる飲食街があります。
その一角にある、絶えず行列が出来ているお店が「群青」です。
いつ訪れても行列が耐えない人気店にも関わらず、「群青」と筆で書かれた簡素な看板がある以外には特に営業を主張する訳でもなく、存在を知らずに通りかかっただけでは気付かない隠れ家的名店です。
しかも群青はスープが切れてしまったり、その日のスープの出来がイマイチだったりした時は店主の判断で臨時休業と言うことも少なくありません。
行く度に臨時休業!なんてこともあって、群青に行く時には「今日はやってますように…」と祈るような気持ちで向かうんです。
閉まっている可能性があるにも関わらずついつい懲りずに訪れてしまう、群青にはそんな魅力があります。
群青の店内はカウンターのみの横に細長く、かなり狭いです。
BGMが流れているわけでもなく、とにかく皆群青の味を黙々と味わっているんです。
群青の看板メニューは煮干らーめんと、つけ麺。麺もスープも全て自家製です。
つけ麺の麺は写真に収めた時に光の反射までしっかり写るほどツヤがある中太ストレート麺。
そして注目して頂きたいのが超濃厚なスープです。コクのある魚介豚骨スープは、とにかく濃厚。
麺をそっと置いてみると、沈むまでに少し時間がかかるほどです。
そんな濃厚スープの中に入っているチャーシューがまた絶品。
しっかりと焦げ目が付くほど炙られた豚バラブロックは旨味たっぷりで、甘さすら感じます。
この甘さが群青の人気の理由でもあります。
他店では味わえないコクと甘さ。味もがっつり濃いので喉が渇きそうだなと思いつつ、真夏にだって通ってしまうほど病みつきにさせる美味しさです。